視力が悪くて牛乳瓶の底のような眼鏡はもう嫌!

強度近視のため、小学校4年位から牛乳瓶のような眼鏡をかけていました。性格上、いじめられることはありませんでしたが、鏡を見るたびに嫌だなと思っていました。小学生の特に困ったのが部活のときでした。当時、プラスチックレンズでの眼鏡が作れず、ガラスレンズを使っていたのですが、重いったらありゃしませんでした。しかも、汗で滑ったり、少しの衝撃でずれてしまったりと邪魔で仕方がありませんでした。
中学からコンタクトレンズにしたのですが、当時はハードコンタクトが主流で、眼鏡に比べたらまだマシでしたが、スポーツをするとずれることがありました。試合中にコンタクトを落としたとなると、中断してみんなで捜索してくれました。
大人になってからはソフトコンタクトレンズにして、重宝していました。しかし、視力がかなり悪くなっており、度数の高いコンタクトレンズは取り寄せしないといけないことが多く、面倒です。それに、何年かしたら、買い替えたりして、それなりに出費がかさんでしまいます。また、ソフトコンタクトレンズで快適な生活をしていても、丸1日つけているわけにも行かず、夜にはまた牛乳瓶の底の眼鏡です。レンズを薄くする技術は以前より発達していますが、これも限度があります。薄くなったとしても、今度は目が小さく見えるなど、悩みはつきません。眼鏡姿は家族以外には絶対見られたくありませんから、もう嫌って思い、ずっと悩んでいたけど、品川近視クリニック 梅田でレーシックを受けました!

イメージはちょっと怖い気持ちがありましたけど、実際にはレーシックはあっという間に終わり、手術後順調に過ぎ、今は裸眼で!物が見える喜びに浸っています。

友達とかと泊まりで遊びに行けるし、もう本当に幸せです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA